TX048 ドローン・スワーム(Swarms)について

 最初に、最近のドローンテクノロジの発展状況を把握する為に、まず下記のアドレスにアクセスし、ビデオをご覧ください。(Swarm:群れ、うじゃうじゃした群れ、大群、群衆、大勢、たくさん by Weblio)

 以下へアクセスし、 “Meet the dazzling flying machines of the future”と題した、 Raffaello D’Andreaのプレゼンテーションをごらんください。

 次に、以下へアクセスし、“Drone On: the Future of UAV Over the US”とタイトルがつけられた取材レポートをご覧ください。

 このビデオでは、ヨルダンの軍事兵器展示会からカリフォルニアののどかなビーチまで、彼ら(Notherboard)が、世界中で無人航空機を製造・販売している企業を取材し、いくつかの企業訪問で、空飛ぶスパイロボットを試乗したことも報告しています。(2012年)

 下記はOFFSETスワームプロジェクト情報です:

OFFSET Swarms Take Flight in Final Field Experiment

Program showcased four years of advancements in swarm capabilities

OUTREACH@DARPA.MIL

12/9/2021

 研究者、ロボット工学者、技術者は、テネシー州フォートキャンベルのCassidy Combined Arms Collective Training Facility(CACTF)で、DARPAのOFFSET(OFFensive Swarm-Enabled Tactics)プログラムの最終フィールド実験(FX-6)を実施しました。この実験で、自律飛行体や地上車両の群れ(Swarms)を展開してミッション能力を検証しています。2017年にプログラムがキックオフして以来、OFFSETは、複雑さと難易度を増すための目的を持つ、6つのフィールド実験を開催してきました。

 このプログラムでは、将来の小人数の歩兵部隊が、複雑な都市環境において多様な市街戦任務を遂行するために、空中および地上の無人ロボットを含む大規模なチームを形成することを想定しています。OFFSETは特に、協調的なSwarms(群れ)自律性と、人間とSwarm(群れ)のチーム編成能力の進歩に重点を置いてきています。目標は、自律システムが理解できるアルゴリズムを用いて、Swarms(群)司令官の意図を実現するために使用できる「Swarm(群)戦術」一式を開発することです。

https://youtu.be/W34NPbGkLGIと、https://youtu.be/km0LWvnMrtEhttps://youtu.be/zrFiuNgOQJo と、https://youtu.be/stYPI1KK0fM のすべてにアクセスして、Swarms of Autonomous Air and Ground Vehiclesのビデオ解説をご覧ください。

 スウォームシステムインテグレーターであるノースロップグラマンミッションシステムズとレイセオンBBNテクノロジーズの2社は、物理環境と仮想環境の両方でスウォームを運用するためのオープンアーキテクチャの設計、開発、配備を任されています。スウォームシステムは、スウォーム戦術の設計と統合を可能にする拡張可能なゲームベースのアーキテクチャ、人間とスウォームシステムからなるチーム間のコラボレーションのための没入型インターフェース、新しい機能を検証するための数百台の空中および地上ロボットを備えた物理テストベッドで構成されています。

 テストベッドは、バックパックサイズのローバーやマルチローター、固定翼機など、市販の小型無人機システムで構成されています。これらのシステム(スウォームエージェント)は、スウォームコマンダーによって、FX-6のミッションシナリオを完了するためにスウォーム戦術を実行するよう命じられた。FX-6で実証されたスウォームの進歩は以下の通り。

  • Swarm Systems Integratorの両テストベッド(合計300台以上)を使用した複合的な共同作業
  • 仮想」群エージェントと物理エージェントを並行して使用し、実世界でのミッションを支援
  • 没入型スウォームインターフェース(仮想現実、拡張現実、スケッチタブレット、DARPA の戦術技術局(TTO)の OFFSET プログラムマネージャーである Timothy Chung 氏は、「OFFSET はこの 4 年間で、swarm能力に加えてコミュニティも育成してきた。”我々は、これらのswarm能力が将来の作戦のために急速に利用可能に近づいていることを現場で実証し、OFFSETから学んだ教訓は、確実に将来のswarmの進歩に貢献するでしょう。”と語っています。

 技術開発だけでなく、システムインテグレーターは、コミュニティの交流を促進するための戦術交換を行うことも任務とされました。OFFSET コミュニティには、太平洋海軍情報戦センター(NIWC Pacific)の実験チームと無数のス ウォームスプリンターが含まれ、迅速な技術革新と最新技術の継続的な取り込みを促進するため、特定の推 進分野に焦点を合わせてきています。OFFSET のスウォームスプリントは、スウォーム戦術、スウォームオートノミー、人間とスウォームのチーミング、仮想環境、人工知能の応用、物理テストベッドという 6 つのテーマで構成されています。

 FX-6には3人のスウォームスプリンターが参加し、OFFSETのエコシステムへの統合を実演しました。

  • Sentien Roboticsは、最大80機のドローンを自動で発進、回収、充電できる「ドローンキャリア」ユニットHiveXLを展示しました。
  • ジョンズ・ホプキンス大学応用物理研究所は、オンボードの衝突回避機能により、狭い都市環境での積極的な飛行演習が可能な複数の固定翼機のデモを行いました。
  • ミシガン工科大学研究所は、音響スプーフィング・ペイロードやシースルー・ウォール・センシング・ペイロードなど、複数のスウォーム・スプリントの取り組みを統合し、実験のバーチャル・パートに活用しました。OFFSETは移行機会を重視しており、プログラムは2月にジョージア州フォートベニングで開催される陸軍遠征戦士実験(AEWE)2022でその能力を実証する予定です。

 これまでのOFFSETのフィールド実験は、ニューヨーク州ランドールズ島のニューヨーク市消防局訓練部、カリフォルニア州パソロブレスの米軍キャンプロバーツ、ジョージア州フォートベニングのセルビー複合武器集団訓練施設、ミシシッピー州キャンプシェルビー統合軍訓練センターの複合武器集団訓練施設、ワシントン州ジョイントベースルイスマコード(JBLM)で行われています。

More information about OFFSET and swarm sprint thrust areas is available on DARPA’s YouTube channel and website.

Best regards,
Shoichi Sugiyama, Ph.D.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA