【航空機運航・整備支援情報サービス】

航空宇宙分野に対するクラウドサービスやタブレット端末向けのアプリを提供します。

弊社のソリューション(Avignon:アビニョン)は、部品管理にRFIDなどのAITを活用した個品&構成管理を中核としており、現物とシステムをシームレスにつなぐことがコンセプトです。また、機体の使用時間把握が基本となるわけですが、運航管理者側に無用の負荷をかけないため、運航管理者にメリットがあるシステムとなっています。

1.「飛行時間管理システム」(運航管理者向け)、

  フライトデブリーフィングアプリ

  「飛録:TOBILOG」 for iPad(パイロット、教官向け)

航空機パイロットの飛行記録を入力・管理できるサービスです。航空機の機体とパイロットを登録し、Web画面から簡易にデータ入力し、時間短縮が測れるとともにミスを減らすことが期待できます。 また、初等訓練中のパイロットが教官とデブリを行うためのフライト情報をロギングするアプリの提供を開始しました。

→「飛行時間管理システム」の詳細はこちら

 

2.「航空機整備管理支援システム」(航空機整備管理向け)

航空機の機体や搭載部品毎の使用時間を把握し、点検・整備時期を予測し、在庫を最適に行うための支援が出来ます。使用時間は「飛行時間管理システム」と連動することにより自動的に収集できます。また、タブレット端末やRFIDタグを活用した現場指向な機能をご提供いたします。そして、同一機種を使用する運航者の皆様が情報を共有して活用し、運航業務を効率化します。詳細はこちら

 

3.「部品情報共有システム」(航空機運航事業者向け)

OEM・サプライヤ・運航者・MROなど企業の枠を超えたサプライチェーン全体について、部品の所在や修理状況などを情報として共有し、業界全体で最適解を探せるよう協力運用するためのシステムです。データは米国ATAや欧州IATAなどの世界標準規格に則っています。また、RFIDや二次元コードなどの個品識別デバイス(AIT)の活用も可能です。詳細はこちら