TX069 米国空軍未計上予算(予算要求されていない)のプライオリティーリスト

 米国空軍の資金不足問題の一部を理解してもらうために、今回のテキサス便りは、4月8日付けで公表された記事、“Air Force Sends $4.6B Unfunded Priorities List to Congress; Space Force Requests Additional $600M”をコピーしておきました。防衛環境の変化についていけない、空軍サイドの苦悩と不満が伺われます。

米空軍が46億ドルの未予算優先リストを議会に送付、宇宙軍は6億ドルの追加を要求

Air Force Sends $4.6B Unfunded Priorities List to Congress; Space Force Requests Additional $600M

April 8, 2022 | By Amy Hudson

F-35 Europe

The 388th Fighter Wing’s F-35 Lightning II fifth-generation fighter cruises in Eastern European airspace, Feb. 28, 2022, in support of NATO’s collective defense. U.S. Air Force photo by Airman 1st Class Edgar Grimaldo.

空軍のunfunded priorities list(2023年度の予算要求で絞り込めなかったもの)は、F-35戦闘機の購入を後押しするために、あと46億ドルあれば取得するものの一部として、議会に委ねることにしている。

空軍は2023年の予算案で33機のF-35を議会に要求しただけで、2022年の購入数より15機、2021年よりも27機少ない。米国空軍は、そのお金を他の必要な近代化プログラムに費やし、ジェット機のブロック4バージョンが準備できるまで待つことを好むと述べた。その結果、2023年のF-35A購入数は40機となり、2022年の購入数より8機少なくなる

Air Force Magazineが入手したもので、同省が公表していないUPLには、先月発表された2023年の予算要求で、同軍が欲しいが買えなかった優先事項が8項目挙げられている。F-35はそのリストの5番目にある。

「空軍の予算外リストは、F-35戦闘機を7機追加するだけで、過去3年間の各要求48機に匹敵する必要量の半分にも満たない」と、空軍・宇宙軍協会会長のブルース・ライト退役中将は述べている。”実際、2020年と2021年に議会は空軍の要求を48機から60機に増やしましたが、2023年にも同じことをするよう議員に促します。”

2022年度、空軍は42億ドルの未予算優先リストの一部として、さらに12機のF-15EXを要求したが、例年とは異なり、F-35Aストライクファイターの追加要求はなかった。

宇宙軍は、600 万ドルの資金不足の優先事項リストを議会に提出した。その半分以上(3億2700万ドル)は機密プログラムに充てられ、残りはミサイル警報とミサイル追跡の強化(2億ドル)と兵器システムの維持(1億1200万ドル)に分配される予定である。

兵器システムの維持は、空軍の資金不足の優先順位の第1位である。空軍は、B-52、F-16、T-38、C-17、戦闘管理システム、C-5、分散共通地上システムなど、「最優先」のデポプログラムの支援として、5億7900万ドルを要求している。

第2位は、EC-37Bコンパスコール電子戦機4機を追加購入するための9億7850万ドルで、財政的には最大の要求である

その他の要望は、優先順位の高い順に列挙すると以下の通り。

  • 3億9700万ドルは、「不十分な維持管理、過度の老朽化、自然災害、火災、事故、その他の原因によって損害を受けた施設」の修理、交換、修復、または、新しいまたはより高い基準の実施、新しい機能への対応、通常50年以上使用する建物の部品の交換のための施設の変更または交換に充当。UPLは具体的な場所を記載していない。
  • 小口径爆弾 II の追加に 2 億 7600 万ドル。同軍は、製造源の減少や兵器調達のための材料不足に苦しんでいるという。空軍の2023年度予算要求では、AGM-158 Joint Air-to-Surface Standoff Missileシリーズなどのスタンドオフ弾が優先され、550の延長JASSMsと28の長距離対艦ミサイルの変種を購入するよう求めている。一方、2023年予算要求では、ストームブレイカーとも呼ばれるSDB II爆弾は、2022年の985基から761基の調達を求めた。
  • F-35の要求額9億2100万ドルは、ブロック4の機能を持つ、まだ授与されていないロット17から差し引かれた機体の一部を復元するものである。予算発表直後のAir Force Magazineとのインタビューで、米空軍の計画・プログラム担当副参謀長David S. Nahom中将は、資源が許せばもっとF-35を購入するが、ブロック4の遅れを考慮して、空軍はF-15EX購入を早めることを選択し、同時に数十億の核近代化法案を支払うための資金を確保することも選択したと語っている
  • 新しい児童育成センターからシミュレーター、軍用犬小屋に至るまで、全世界で少なくとも26の軍用建設プロジェクトに7億4900万ドルを拠出する。そのうちの最も大きな部分(2億8600万ドル)は、フロリダ州のティンダル空軍基地、ネブラスカ州のオフト空軍基地、バージニア州のラングレー・ユースティス統合基地で進行中の自然災害復旧に充てられる。また、1億1400万ドルは、オクラホマ州ティンカー空軍基地のデポ腐食防止ハンガーにあるKC-46Aベイに充当される。
  • B-52、F-15、F-16、および「タンカー作戦」による極超音速試験を2箇所で行うために1億9700万ドルを費やし、請負業者の能力を増強し、増大する仕事量を吸収する。特に、「野外極超音速試験」を可能にするために5500万ドルを要求しており、「350(海里)以上の極限速度に対する高忠実度の範囲を拡大し、より長い距離と時間の射撃を可能にする」としている。この資金はまた、「極超音速迎撃、再利用可能な車両、ブーストグライド、店舗分離の能力ギャップを埋める」のにも役立つとされている。
  • 20年にわたる中東有事での活動により、「必要な準備レベルを決定的に下回っている」とするレディネススペアパッケージの復旧に5億1600万ドルを拠出した。RSPキットは、特定の航空機の種類に合わせ、連続30日間のサポートを提供することを目的としてる。しかし、UPLによると、”仮に今日、近接敵国との紛争が始まった場合、紛争環境下でこれらのプラットフォームをサポートするために直ちに利用できるのは15日間のサポートのみである “という。

一方、宇宙軍の資金不足の優先順位リストでは、ミッション警告/ミッション追跡層の初期打ち上げ能力を2025年度までに加速するため、2023年に2機の打ち上げを追加調達することを視野に入れている。

新サービスの兵器システム維持要求は、ミサイル警告・防衛、宇宙領域認識、統合戦術警告・攻撃評価、発射範囲、軍事衛星通信、衛星制御ネットワーク、全地球測位システム、宇宙ベース赤外線システムの不足を改善するために使用される。

「ライト氏は、「空軍は30年近く資金不足に陥り、近代化を遅らせ、永久に縮小し続ける軍隊を招き、今や国家の期待に応えるには小さすぎる。「議会は空軍と宇宙軍のリストにある資金不足の優先順位をひとつひとつ承認するだけでなく、さらに進んで、これらの投資を増やすべきである。

Best regards,
Shoichi Sugiyama, Ph.D.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA