TX067 極超音速ミサイル

 古いものですが、ハイパーソニックミサイル攻撃に至った経緯が少し出ていますので、戦況の把握とうに役立つかもしれません。

ロシアが2発目の極超音速ミサイルを発射、ウクライナは停戦を要求

Russia fires second hypersonic missile; As Ukraine urges cease-fire

by AFP Staff Writers
Moscow (AFP) March 20, 2022

 ロシアは日曜日、ウクライナで再び最新の極超音速ミサイルKinzhalを発射し、同国南部の燃料貯蔵所を破壊したと発表した。ロシア国防省はまた、ウクライナ北部のオヴルヒという町にある訓練センターを海上ミサイルで攻撃し、ウクライナの特殊部隊と「外国の傭兵」のメンバー100人以上を殺害したと発表した。「極超音速弾道ミサイルを搭載したキンズハル航空ミサイルシステムは、ミコライフ地方のコスティャンチニフカという集落の近くにあるウクライナ軍の燃料や潤滑油の大規模な貯蔵所を破壊した」と防衛省は発表した。

 同省によると、この基地は同国南部のウクライナ装甲車への主な燃料供給に使用されていたという。極超音速ミサイル「キンザル(ダガー)」は、ロシアが支配するクリミア上空から発射され、カスピ海から発射された「カリブ」巡航ミサイルも基地を狙っていたと、同省は付け加えた。

 土曜日、ロシアは極超音速ミサイル「キンツァル」を使って、NATO加盟国ルーマニアとの国境に近いウクライナ西部の地下ミサイル・弾薬庫を破壊したと発表した。ウクライナ軍は土曜日、AFPに対し、貯蔵所が標的にされたことを確認したが、「ミサイルの種類に関する情報はない」と述べている。ロシアのアナリストによると、カルパチア山脈の麓の村、デリアティンでのキンザル極超音速ミサイルの使用は、世界で最初の戦闘使用であったとのこと。

 ロシア国防省によると、土曜日の夜から日曜日の早朝にかけて、ウクライナの他の施設に対しても長距離精密兵器を使用したという。ロシア軍は黒海からカリブミサイルを発射し、北部のニジーン市にある装甲車の修理に使われる工場を狙った、と同省は述べている。

Russia claims hypersonic missile strike, Ukraine urges cease-fire


 キーフ(AFP=時事)2022年3月19日 – ロシアは土曜日、ウクライナの武器庫に極超音速ミサイルを放ち、次世代兵器を初めて戦闘で使用したと発表した。キーフの不安定な指導者が、4週間目に入った侵略を止めるための「有意義な」話し合いを迫った後である。

 モスクワはまた、自軍がウクライナの防衛線を突破して南部の戦略的な港湾都市マリウポリに入ったと発表し、故郷を追われた数百万人にさらに加わるよう促した。

 もし確認されれば、ロシアの新型極超音速ミサイルKinzhal(Dagger)の使用は、ほとんどの防衛システムを回避することができ、ウクライナに西側との関係強化の希望を捨てさせるためのロシアのキャンペーンの新しいエスカレーションを示すことになる。

 ウクライナ空軍のユリ・イグナット報道官はAFPに対し、ルーマニアとの国境近くにある村、デリアティンの貯蔵所が実際に攻撃されたと語ったが、「ミサイルの種類に関する情報はない」と述べた。

 2018年にキンザル・ミサイルを発表したロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、音速の10倍で飛ぶ「理想的な兵器」と呼んでいる–アナリストによると、ロシアは中国と米国に続いて極超音速レースをリードしているそうだ。

 ウクライナ当局はまた、ロシアがマリウポルを包囲した後、数週間にわたり海岸線を事実上支配しているが、「一時的に」アゾフ海へのアクセスを失ったことを認めた。

– ‘Time to meet’ –

 モスクワの発表は、ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領が再び平和を訴え、ソーシャルメディアに投稿した最新のビデオでロシアに「有意義な」会談を受け入れるよう促した数時間後に行われたものだ。

 「今こそ、ウクライナの領土保全と公正さを更新するための会談を行う時だ」と彼は言った。

 ”さもなければ、ロシアの損失は数世代にわたって回復しないようなものになるだろう。”

 ウクライナは土曜日、クリミア北部のケルソン郊外の飛行場への攻撃でロシアの将軍が死亡したと主張し、2月24日の侵攻開始以来5人目の最高幹部が殺害されたと述べた。

 激しい抵抗により、ロシア軍はキエフ郊外や東部のいくつかの都市で足止めされ、補給線に対するウクライナの攻撃に弱くなっている。

 英国国防省は土曜日、ロシアは「作戦アプローチを変更せざるを得なくなり、現在は消耗戦の戦略を追求している」と発表した。

 「この場合、無差別に火力が使用され、民間人の犠牲が増える可能性がある」と警告している。

 しかし、これまでの交渉と同様、停戦への進展はほとんどないようだ。プーチンは金曜日遅く、フランスのマクロン大統領との電話会談で、ウクライナを「数々の戦争犯罪」で非難した。

 リズ・トラス英外務大臣は、モスクワが「ひどい残虐行為」を行いながら、会談を「煙幕」として利用していると土曜日に反論し、会談が突破口を開くかどうか「非常に懐疑的」であると述べた。

– 戦闘は激化している –

 金曜日の武器庫への攻撃は、数日前まで北と東から主要都市に向かうロシアの動きによって比較的無傷であったウクライナ西部での最新の攻撃である。金曜日には、ロシア軍がリヴィウの空港近くの航空機修理工場を破壊した。キエフにロケット弾と砲撃が降り注ぐ中、何百万人もの人々が避難している場所である。マリウポリでは、水曜日に1000人以上が避難していた劇場が爆撃され、その残骸の下に閉じ込められた数百人の人々を救助隊が捜索しているところである。

 ゼレンスキー氏によると、死者数に関する情報はまだないが、これまでに130人が救出され、中には「重傷者」もいるという。「ここはもうマリウポリではない、地獄だ」と、住民のタマラ・カブネンコさん(58)は言った。「通りは市民の死体であふれかえっている」。ロシアのロケット弾は金曜日にも南部のミコライフを襲い、旅団本部で数十人の若いウクライナ人少尉が死亡した。「攻撃時に兵舎で寝ていた兵士は200人を下らないと、現場にいたウクライナ軍人のマキシム氏(22歳)はAFPに語った。「少なくとも50人の遺体が回収されたが、瓦礫の中に何人いるかは分からない」と語った。

– Appeals to China –

 クレムリンによると、プーチンはマクロン大統領との会談で、民間人の犠牲を避けるために「可能なことはすべて行っている」と述べたというが。

 ロシアの同盟国である中国は、金曜日にジョー・バイデン米大統領に戦争は「誰の利益にもならない」と述べたが、西側のロシア非難に加わるよう米国の圧力に屈する様子はなかった。

 バイデン氏は、中国の習近平国家主席に対し、ロシアへの財政・軍事援助は「結果的に」、膠着状態を世界的な対立に発展させる可能性があると警告した。

 ゼレンスキー氏の側近ミハイロ・ポドリャク氏は、北京に「ロシアの野蛮さ」を非難するよう呼びかけ、「中国は、文明国の連合を支持するという正しい決断をすれば、世界の安全保障システムの重要な要素になれる」とツイートしている。

 プーチンはさらなる脅しや制裁にも動じず、金曜日にモスクワで、ロシアによるクリミア奪取から8年を記念して勝利宣言的な集会を開き、ウクライナでの目標は「この人々を苦しみと虐殺から解放すること」だと述べた。

 ロシアは、ウクライナが武装解除し、西側諸国との提携を解消することを望んでおり、特にNATOへの加盟やEUとの緊密な統合を断念するよう求めている–キーフが、モスクワの属国と化してしまうだろうと言う手段である。

 ロシアの交渉担当者は金曜日に、ウクライナが中立国になるための提案について、モスクワとキーフの立場を「可能な限り近づけた」と述べた。

 しかし、ゼレンスキー氏の顧問として交渉に参加しているミハイロ・ポドリャク氏は、自国の立場は揺らいでいないと述べた。


Related Links
Learn about missile defense at SpaceWar.com
All about missiles at SpaceWar.com

Best regards,
Shoichi Sugiyama, Ph.D.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA