TX084 ミサイル防衛システム、AEGIS Ballistic Missile Defence (BMD)とレーザー兵器開発事情

AEGIS弾道ミサイル防衛改造(BMD): 

 Daily Defence Newsによると、ロッキード・マーチン社は、AEGIS設計エージェントフィールドエンジニアリングサービスとして1290万ドルの契約を獲得しました。イージス艦は、米海軍と同盟国の艦船で使用される統合ミサイル誘導システムで、戦闘グループを保護するために使用されます。改造作業はバージニア、カリフォルニア、ハワイ、日本、ワシントン、カリフォルニアで行われる予定です。完了予定日は2023年9月です。

契約詳細:

Lockheed Martin Corp. Rotary and Mission Systems, Moorestown, New Jersey, is awarded a $12,872,086 cost-plus-fixed-fee modification to previously awarded contract N6426718C0132 for AEGIS design agent field engineering services. This contract with all options exercised brings the cumulative value to $63,992,064. Work will be performed in Norfolk, Virginia (30%); San Diego, California (30%); Pearl Harbor, Hawaii (10%); Wallops Island, Virginia (10%); Yokosuka, Japan (8%); Seattle, Washington (3%); Mayport, Florida (3%); Dahlgren, Virginia (3%); and Port Hueneme, California (3%), and is expected to be completed by September 2023. Fiscal 2022 other procurement (Navy) funds in the amount of $823,839 (65%), FMS Japan funds in the amount of $264,655 (21%); and fiscal 2022 operations and maintenance (Navy) funds in the amount of $177,000 (14%) will be obligated at time of award, of which funding in the amount of $177,000 will expire at the end of the current fiscal year. The Naval Surface Warfare Center, Port Hueneme Division, Port Hueneme, California, is the contracting activity.

AEGIS BMDシステムについての簡単な説明:

 フォントが青になっている箇所をクリックすると詳細がご覧になれます。本文の下部に日本語訳を記述してあります。

The AEGIS Ballistic Missile Defense System seamlessly integrates the SPY-1 radar, the MK 41 Vertical Launching System for missiles, the SM-3 Standard missile, and the ship’s command and control system, in order to give ships the ability to defend against enemy ballistic missiles. Like its less-capable AEGIS counterpart, AEGIS BMD can also work with other radars on land and sea via Cooperative Engagement Capability (CEC). That lets it receive cues from other platforms and provide information to them, in order to create a more detailed battle picture than any one radar could produce alone.

 AEGIS弾道ミサイル防衛システムは、SPY-1レーダー、ミサイル用MK 41垂直発射システム、SM-3スタンダードミサイル、艦船指揮統制システムをシームレスに統合(連動)し、敵の弾道ミサイルに対する防衛能力を艦船に与えるものです。AEGIS BMDは、初期のAEGISと同様に、CEC(Cooperative Engagement Capability)により、陸上や海上の他のレーダーと連携することも可能です。CECは、他のプラットフォームから情報を受け取り、他のプラットフォームに情報を提供しますので、1つのレーダーが単独で作成するよりも詳細な戦闘画像を作成することができます。

AEGIS has become a widely-deployed top-tier air defense system, with customers in the USA, Australia, Japan, South Korea, Norway, and Spain. In a dawning age of rogue states and proliferation of mass-destruction weapons, the US Navy is being pushed toward a “shield of the nation” role as the USA’s most flexible and most numerous option for missile defense. AEGIS BMD modifications are the keystone of that effort – in the USA, and beyond.

 イージスは、米国、オーストラリア、日本、韓国、ノルウェー、スペインに導入されており、広く配備された最高級の防空システムとなっています。ならず者国家と大量破壊兵器の拡散の幕開けの時代において、米海軍は、「国家の盾」としての役割を担う、柔軟で、選択肢の多いミサイル防衛技術開発を押し進めようとしています。イージス艦のBMD改修は、米国内はもとより、国外においても、国の防衛の要となるものです。

*Cooperative Engagement Capability について:

 CEC(Cooperative Engagement Capability)は、イージス艦隊防衛の真の “秘密兵器 “といえます。一方、このJHU/APLの発案は、アンテナを含むデータ配信システムとCooperative engagement (協力的交戦)プロセッサーから構成されているだけです。しかし、このシンプルなコンポーネントが、レーダー、センサー、追跡データなど、大きく離れたプラットフォームからのデータを1つの大きな画像にまとめることで、非常に強力なものになります。センサーフュージョンの結果、武器の追跡の一貫性と継続性が大幅に改善され、検出範囲が拡大され、反応できる時間が長くなり、脅威に対して全く新しい交戦戦略が可能になります。CECは、海を越えて、地上システム、飛行船、弾道ミサイル防衛にも応用できます。

レーザー兵器開発経緯:ドローン脅威防衛システムへの道のり

まず、9年前の報告書から、

2012年10月3日レポート:

Boeing To Continue High Energy Laser Mobile Demonstrator Work

 ボーイング社 [BA] は昨日、陸軍宇宙・ミサイル防衛司令部 (SMDC) からの 1618 万ドルの後続契約のもと、ロケット、大砲、迫撃砲、無人航空機の脅威に対抗する兵士の能力を向上させるトラック搭載型指向エネルギーシステムの開発を継続すると発表しました。高エネルギー・レーザー移動実証機(HEL MD)フェーズII高出力テスト後続契約の下で、ボーイング社は10キロワットの固体レーザーをHEL MDシステムに組み込むことになります。レーザとサブシステムは、Oshkosh[OSK] Heavy Expanded Mobility Tactical Truck (HEMTT)に搭載されます。この基礎研究プログラムは,約4年以内に陸軍にプレプロトタイプの指向性エネルギー実証機を提供することになっています(Defense Daily, Aug.29)。

 この契約には、その後、より強力なレーザーを組み込むためのオプションがあります。この取り組みにより、将来の高出力レーザ統合のリスクを軽減することができると期待されています。ボーイングHEL MDプログラムは、陸軍がロケット、大砲、迫撃砲、無人航空機の脅威から防衛するための光速能力を、現在そして将来にわたって確保するために、最高の固体レーザ技術を適用しています。高出力試験は、この革新的な指向性エネルギー・システムの重要な前進を意味します。

 HEL MDは、ボーイング社と陸軍が参加する共同開発プロジェクトです。このフォローオン契約は、今後3年間の開発とテストをサポートします。チームは今後1年間、高出力固体レーザを使用したHEL MDシステムの実地試験を実施します。これらのテストは、脅威を代表するターゲットを捕捉、追跡、損傷、撃破するシステムの能力を実証するものです。ボーイング社の HEL MD プログラム・マネージャーであるブレイン・ビアズリー氏は、“フェーズ II では、過去数年間に SMDC と共に達成した素晴らしい仕事を基にすることができる。私たちのチームは、この革命的なシステムが人命を救うことができることを示し、戦場で活躍できるようにすることを熱望しています”とのべています。

2013年6月9日レポート:

陸軍の固定式(Solid State)レーザーテストベッド、UAVの破壊実験に成功

 陸軍は3月、ソリッド・ステート・レーザー・テストベッド(SSLT)を使用し、一連のテストで戦術的ドローンの交戦と破壊に成功しました。陸軍のスポークスマンJohn Cummings氏は先週、ニューメキシコ州ホワイトサンズ・ミサイル発射場でのテストでは、交戦前に追跡と照準のための複数の飛行が行われたと述べました。カミングス氏によれば、撃墜の前に、同様の素材に対する静的テストも行われ、殺害(破壊)に必要な出力レベルを決定したとのことです。カミングス氏は、“金曜日に行われた高出力固体レーザー(JHPSSL)を用いた50kWクラスのテストは、空中のターゲットに対する最高出力の固体レーザー交戦を意味し、このテスト施設のユニークな能力を実証した”と述べました。カミングス氏は、SSLTは、高エネルギー固体レーザーの殺傷力と大気伝搬を調査するために陸軍が設計・建設したレーザーテストベッドであると説明しています。

 秋には陸軍が高エネルギー・レーザー移動実証機(HEL MD)を使って、小口径迫撃砲や無人航空機(UAV)に対する動的試験を実施する予定です。Cummings氏によると、これらの動的テストでは、ホワイトサンズの車両に搭載された10kWのレーザーでターゲットを追跡、捕捉、交戦させる予定です。Cummings氏によれば、HEL MDはトラック搭載型の指向性エネルギーシステムで、ロケット砲、大砲、迫撃砲、無人航空機の脅威に対抗する戦闘員の能力を向上させるために設計されたものだそうです。また、より強力なレーザーをHEL MDに組み込むというオプションもある、とCummingsは述べています。

そして、2022年8月現在の報告:

US Army Integrating 20W Laser System into Infantry Squad Vehicle ISV

 米国陸軍は、新型歩兵部隊車両(ISV)に20kW級レーザー兵器システムの外部リンクを搭載し、兵士が小型無人航空機(UAS)を撃墜するのを支援します。

 陸軍のRCCTO(Rapid Capabilities and Critical Technologies Office)は、最近、歩兵部隊車両(ISV)に20キロワットのレーザー能力を持たせることを目的としたプログラムを推進する為の承認を受けたと発表しています。RCCTOのディレクターであるニール・サーグッド中将は、水曜日に、新しい陸軍多目的高エネルギーレーザー(AMP-HEL)プログラムの目標は、歩兵旅団戦闘チームの防衛力を増すために、対ドローンレーザー能力を提供することであると説明しています。

 アラバマ州ハンツビルで開催された宇宙・ミサイル防衛シンポジウムで、Thurgood氏は「1週間ほど前にそのミッションが承認され、23年度中にそれを提供しなければならない」と参加者に発表しています。AMP-HELのISV搭載20kWレーザーは、特にグループ1や2サイズのドローンを破壊する能力に重点を置くことにしていますとThurgood氏は解説しました。

 「20kWのレーザーで、グループ1やグループ2(UAS)を破壊することができます。一般的に、グループ3(UAS)を、破壊することはできません。そして通常、ロケット弾、大砲、迫撃砲も破壊することはできません。この20kWのレーザーは、対UASの任務に集中させているからですと、サーグッド氏は述べています。

Best regards,
Shoichi Sugiyama, Ph.D.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA