TX074 レイセオン スタンダードミサイル2

Raytheon Standard Missiles 2

Raytheon won a $9.7 million modification to exercise options and incrementally fund existing contract line items for engineering and technical support of Standard Missiles 2 and 6 (SM-2/6). This contract combines purchases for the U.S. government (23%); and the governments of Japan, Germany, Spain, Denmark, South Korea, and Chile (77%) under the Foreign Military Sales (FMS) program. Work will take place in Arizona, Alabama, Missouri, Connecticut, Massachusetts and Maryland. Expected completion will be by February 2025.

レイセオンは、スタンダードミサイル2および6(SM-2/6)のエンジニアリングと技術サポートに関するオプションの行使と既存契約項目の増額を行う970万ドルの修正契約を獲得しました。この契約は、米国政府(23%)および日本、ドイツ、スペイン、デンマーク、韓国、チリ政府(77%)に対する外国軍販売(FMS)プログラムによる購入が組み合わされています。アリゾナ州、アラバマ州、ミズーリ州、コネチカット州、マサチューセッツ州、メリーランド州で実施される予定です。2025年2月までに完成予定です。

Raytheon Co., Tucson, Arizona, is awarded a $9,726,488 cost-plus-fixed-fee modification to previously awarded contract N0002417C5410 to exercise options and incrementally fund existing contract line items for engineering and technical support of Standard Missiles 2 and 6 (SM-2/6). This contract combines purchases for the U.S. government (23%); and the governments of Japan, Germany, Spain, Denmark, South Korea, and Chile (77%) under the Foreign Military Sales (FMS) program. Work will be performed in Tucson, Arizona (82%); Huntsville, Alabama (5%); Joplin, Missouri (5%); Middletown, Connecticut (3%); Andover, Massachusetts (2%),; Westminster, Maryland (1%); and various other locations (each location less than 1%) totaling 2%, and is expected to be completed by February 2025. FMS funds (Japan) in the amount of $3,019,200 (31%); FMS funds (Germany) in the amount of $2,762,038 (28%); fiscal 2022 research, development, test and evaluation (Navy) funds in the amount of $1,875,000 (19%); FMS funds (Spain) in the amount of $583,500 (6%); FMS funds (Denmark) in the amount of $485,000 (5%); fiscal 2022 research, development, test and evaluation (Army) funds in the amount of $350,000 (4%); FMS funds (Korea) in the amount of $331,750 (4%); and FMS funds (Chile) in the amount of $320,000 (3%) will be obligated at time of award and will not expire at the end of the current fiscal year. The Naval Sea Systems Command, Washington, D.C., is the contracting activity. 

レイセオン社(アリゾナ州ツーソン)は、スタンダードミサイル2および6(SM-2/6)のエンジニアリングおよび技術サポートに関するオプションの行使と既存契約項目の増額を目的とした、既発注契約N0002417C5410の972万6488ドルのコストプラス固定料金による修正契約を締結する。この契約は、米国政府(23%)、日本、ドイツ、スペイン、デンマーク、韓国、チリ政府(77%)に対する外国軍販売(FMS)プログラムでの購入が組み合わされています。作業場所は、アリゾナ州ツーソン(82%)、アラバマ州ハンツビル(5%)、ミズーリ州ジョプリン(5%)、コネチカット州ミドルタウン(3%)、マサチューセッツ州アンドーバー(2%)、メリーランド州ウエストミンスター(1%)、その他各地(各1%未満)計2%とし、完成予定は2025年2月とする予定です。FMS資金(日本)301万9200ドル(31%)、FMS資金(ドイツ)276万2038ドル(28%)、2022年度研究・開発・試験・評価(海軍)資金187万5000ドル(19%)、FMS資金(スペイン)58万3500ドル(6%)、FMS資金(デンマーク)48万5000ドル(5%)であります。2022年度研究・開発・試験・評価(陸軍)資金35万ドル(4%)、FMS資金(韓国)33万1750ドル(4%)、FMS資金(チリ)32万ドル(3%)は授与時に義務付けられ、当会計年度末に期限切れになることはない。ワシントンD.C.の海軍海洋システム司令部が契約当事者である。 

Raytheon’s Standard Missile Naval Defense Family (SM-1 to SM-6)

Variants of the SM-2 Standard missile are the USA’s primary fleet defense anti-air weapon, and serve with 13 navies worldwide. The most common variant is the RIM-66K-L/ SM-2 Standard Block IIIB, which entered service in 1998. The Standard family extends far beyond the SM-2 missile, however; several nations still use the SM-1, the SM-3 is rising to international prominence as a missile defense weapon, and the SM-6 program is on track to supplement the SM-2.

SM-2スタンダードミサイルは、米国の主力艦隊防衛用対空兵器であり、世界13カ国の海軍に配備されている。最も一般的なのはRIM-66K-L/ SM-2 Standard Block IIIBで、1998年に運用が開始された。SM-3はミサイル防衛兵器として国際的に脚光を浴びつつあり、SM-6計画はSM-2を補完する方向で進んでいる。

These missiles are designed to be paired with the AEGIS radar and combat system, but can be employed independently by ships with older or newer radar systems.

これらのミサイルはAEGISレーダーおよび戦闘システムと対になるように設計されているが、新旧のレーダーシステムを持つ艦船が単独で使用することも可能である。

This article covers each variant in the Standard missile family, plus several years worth of American and Foreign Military Sales requests and contracts and key events; and offers the budgetary, technical, and geopolitical background that can help put all that in context.

この記事では、スタンダードミサイルの各型式と、数年分の米軍および外国軍への売却要求と契約、主要な出来事を取り上げ、予算、技術、地政学的な背景を説明し、すべての文脈を理解するのに役立ちます。

Best regards,
Shoichi Sugiyama, Ph.D.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA