航空運航システム研究会(TFOS.SG)年次シンポジウム (11/28)

11/28(土) 市ヶ谷の法政大学において、TFOSの年次シンポジウムが開催されました。航空安全について、多くの事例や教訓が紹介され、関係者の皆さんは熱心に聴講してました。弊社も、航空機部品のソフトウェアに関する安全性を担保する仕組みの提供などで、お役に立てそうだと意を強くしました。

TFOS20151128_02 TFOS20151128_03

米国EXOSTAR社&CertiPath社への訪問

今年3度めのEXOSTAR社訪問を行いました。今回は、弊社がFIS(Federated Identity Service)の国内販売を行うことが決まりました。いよいよ、米国NIST SP800-63-2に準拠したサービスを国内に紹介できるようになります。ご期待ください。

また、CertiPath社では、B-787/A-380などで採用されているLSAP(Loadable Software Aircraft Parts)というソフトウェア部品の改ざん検出や署名などが出来るサービスを、カナダCarillon社と提携して国内に紹介することを決めました。これで、我が国も世界レベルのセキュリティ技術を使うことが出来るようになります。

CertiPath社にて

20151120CertiPath01 さらに読む

御苑オフィスのアート

EvaOfficePicture_11 EvaOfficePicture_21

御苑オフィスにお洒落な絵が届きました。富士通の松本顧問からの贈り物です。

窓外の新宿御苑もすっかり秋から冬の化粧に変わりつつあります。

さらに読む

浜松航空教育都市構想研究会(第2回)へ参加

浜松航空教育都市構想研究会(第2回)が、去る9月18日に浜松アリーナ会議室にて開催されました。弊社からも、講演に関する調整を行い、地元の皆さんに情報提供を行いました。

20150918Hamamatsu0201   さらに読む

御苑オフィス開設

GyoenOffice01 開発のためのオフィスを構えました。新宿御苑の目の前で、眼下は広大な緑の森。東京とは思えない静かなところです。こじんまりした小さなオフィスですが、皆様、一度覗きにいらしてください。

 

GyoenOffice02 GyoenOffice03

浜松航空教育都市構想研究会に参加

第一回 浜松航空教育都市構想、航空産業研究会
~我が国航空・MRO産業の現状~20150806_Concorde

浜松に航空整備士などの学校を作りましょうという研究会に参加しました。

1 日時 平成27年8月6日(木)
2 場所 ホテルコンコルド浜松

浜松市長からも激励の挨拶があり、地元のみなさんの盛り上がりを感じる会でした。エヴァアビエーションとしても、本活動を支援してゆきます。

 

富士通特機システム株式会社(TSL)の30周年式典に参加

富士通の特機グループであるTSL(富士通特機システム株式会社)の30周年式典と祝賀会に参加してきました。今回はパートナー会社として招待していただきました。ありがとうございました。

記念講演では、折木元統合幕僚長の「不易流行」の話しも身にしみる内容で、世の中を変えることの大切さと難しさを感じた次第です。

DSC_1647DSC_1648

航空運航システム研究会(TFOS.SG)講演会のスピーチ (7/4)

20150704TFOS

本日はTFOS(ティーフォス)の年次研究会。空幕の城殿人教部長のノンテクニカルスキルに関わる基調講演に続き、3つの部会から活動報告という形で進んでいます。
「航空システム部会」では情報システムの高信頼化についてIPAの方の活動を含めた発表、「リスク部会」では安全・安心についての考察、「自動化部会」ではヒューマンファクターによる安全性向上に対する自動化技術の検討です。
私は、エヴァアビエーションとして、菅野1佐の自動化部会で、欧米のパイロットなどのアイデンティティ認証についての動向を15分程度紹介しました。「人を管理する個人認証についての最新動向について」 (久野)

さらに読む

地域の観光振興に貢献する地域航空を考えるシンポジウム「航空と観光」

東京大学(本郷キャンパス)にて、地域の観光振興に貢献する地域航空を考えるシンポジウム「航空と観光」が、東京大学航空イノベーション総括寄付講座主催(一般社団法人 次世代地域航空ネットワーク検討協議会共催)で開催されました。
これから飛び立つMRJの活用を考えるシンポジウムでしたが、日本にはこういったリージョナル航空機のビジネスは定着するのでしょうか・・エアータクシーの構想も魅力的ですし、斬新なビジネスモデルだと思います。
ここでは、地域の観光政策を見直し、もっと広域観光ルートを開拓してリージョナル航空を使おうという提言で、需要から作ろうという壮大な構想が楽しみです。

さらに読む

翻訳事業開始! 航空・安全保障分野を中心にお受けします

(一社)日本航空宇宙工業会より米国航空産業の調達データ標準化規格であるATA Spec2000の翻訳(一部)を受託します。我が国航空産業の情報化に役立てることを願っています。とりあえず今回は、EDI関連の第1章~第2章です。