米国EXOSTAR社&CertiPath社への訪問

今年3度めのEXOSTAR社訪問を行いました。今回は、J-Bridgeプロジェクトの進捗確認に加えて、弊社がFIS(Federated Identity Service)の国内販売を行うことが決まりました。いよいよ、米国NIST SP800-63-2に準拠したサービスを国内に紹介できるようになります。ご期待ください。

また、CertiPath社では、B-787/A-380などで採用されているLSAP(Loadable Software Aircraft Parts)というソフトウェア部品の改ざん検出や署名などが出来るサービスを、カナダCarillon社と提携して国内に紹介することを決めました。これで、我が国も世界レベルのセキュリティ技術を使うことが出来るようになります。

CertiPath社にて

20151120CertiPath01

PIV-I KIOSK端末

20151120CertiPath03