Test Automation Tools

ソフトウェアプロダクトの品質を担保するテストについて、オートメーションツールを紹介する。

さらに読む

Document Database

Document Databaseについてその概要と具体的なプロダクト、使用方法について紹介する。

さらに読む

MDX (Multi Dimensional eXpression)

トランザクションのデータや、データウェアハウスに格納されたデータを分析用に多次元の空間に格納し直したデータベース (キューブ) に対し、データを取得する際に利用される言語であるMDXについて簡単に紹介する。SQLがトランザクションデータを格納するのによく用いられる一方で、アナリティクスのためにデータを保存し直したものがキューブであり、レポーティングアプリケーションやExcelからMDXクエリを介して用いられる。

さらに読む

機械学習適用例:外国為替取引

FOREX Trend Classification using Machine Learning Techniquesを参考に、この中で議論されているケースの一部を再現することで、基本的なライブラリなどの使用方法を紹介する。

さらに読む

Human Capital Management System調査

企業の従業員としても馴染みの深い人材管理ソリューション (Human Capital Management System: HCMS) について調査した。

サマリ

  • HCMSは、Administration・Service Delivery・Workforce Management・Talent Managementといった業務領域をカバーするソリューションである。
  • SaaS形式のソリューションを提供するリーディングベンダーとして、Workday・ADP・Ultimate Software・Ceridian・Oracle・SAPなどがある。
  • 特定の業務領域に対して、画像分析などのAIやパーソナリティとチームパフォーマンスに関わる研究結果を活用したソリューションが多数存在する。
  • 部分的にでもイノベーティブなソリューションを活用することで、HR業務の効率化と企業のパフォーマンス向上が可能と考えられる。

さらに読む

Arduino/Elegooプロトタイピング

ファスト・プロトタイピングの例として、超音波センサとBluetoothを組み合わせたモジュールの製作過程を紹介する。状況設定は次のようである:

日本国内のほとんどの家庭にあると思われるあるタンクについて、その漏水の有無を確認する必要が生じた。水のレベルを測るセンサは様々な種類があるが、ここでは価格や再利用性を考えて、非接触で水面までの距離を測ることのできる超音波センサを選択し、Bluetoothでコンピュータに計測データを飛ばすことで時間と共に漏水が発生しているかどうかを確認することにした。

さらに読む

A&D Market Research Companies調査

航空・防衛業界の市場調査を行う企業について調査した。

サマリ

  • 航空・防衛は特にプロダクトのライフスパンが長い業界であり、市場調査が提供する市場予測がサプライヤ企業などの経営方針決定の重要な参考資料となる。
  • 最近の市場調査は、従来のようにレポートを購入するだけでなく、サブスクリプションでレポートやデータベースにアクセスできるものが増えてきている。
  • 航空・防衛業界のマーケットリサーチを専門に行う企業や、当該業界をカバレッジの一部として行う企業がいる。欲しい情報が手に入るのであれば、Forecast International社のような専門業社が木目細かい情報・サポートを提供できると考えられる。一方、他の業界のレポートを同時に購入する可能性がある場合などは、手広く市場調査を行う企業も検討に入れると良いだろう。
  • 市場調査の結果を最大限に活かすため、企業のリソースを鑑みて不足する部分を補うようにレポートの翻訳・解釈やカスタマイズ、追加調査といったサービスを上手く活用することが推奨される。
  • 業者を横断してレポートを検索することのできるオンラインマーケットもあり、これらマーケットの提供者も独自調査などのビジネス領域に進出しつつある。

さらに読む

Asset Tracking Solution調査

航空機向けUnit Load Device (ULD)を対象として、これを空港のような広範囲 (主として屋外) でトラッキングできるソリューションについて調査した。

サマリ

  • タグやネットワークが利用可能であるという前提に立てば、SigfoxによるGlobal Navigation Satellite System (GNSS) を使わないジオロケーションサービスがコスト・カバレッジ・電池寿命共にベストであると考えられる。しかし、現状ではタグ・ネットワーク共に国内で利用可能かどうか、不透明である。
  • 次に期待がかかるのは、GNSSとSigfoxまたはNB-IoT/LTE-Mの組み合わせである。これらはタグの初期費用のインパクトが大きいが、通信費・ストーレッジ・データアクセス費用は初期費に比較してかなり小さい。懸念は、GNSSを頻繁に利用するとバッテリーの寿命が短くなることと、有望な海外ベンダー製タグの日本での利用可能性である。
  • 今後は、タグベンダーと国内通信事業者をつなぎ、国内対応させること、あるいは有望なタグの国内開発が必要となる。そして、ダウンリンクのみで起動するコンフィグを徹底し、航空機搭載要件と電池寿命の懸念をクリアすることが重要だ。
  • 同じタグを屋内や海外で利用できるようにすることでエアラインへの提供価値を向上したり、位置情報をパッセンジャーに展開することで、ソリューションのさらなる価値向上を検討したりすることが期待される。

さらに読む

Learning Management System調査

Learning Management System(LMS)について、どのようなベンダーが広く用いられているのか、導入の留意点などについて明らかにするため主に米国における状況を調査した。

サマリ

  • 高等教育向けのLMSはBlackboard社が群を抜いて市場をリードしている。導入機関数、ユーザー数ともに市場の3割を超え、2位以降を突き放している。
  • LMSは主に商用・オープンソース・小規模特化型に分けられるが、商用と少数のオープンソースが市場を分け合っている。
  • 近年のLMSの特徴は、マルチモーダル化・クラウド化が挙げられる。ビジネスサイクルが長いため、システムの更新が全ての機関で進んでいる訳ではない。
  • LMSの選定には、技術的な側面はもちろんのこと、教育機関の教育方針・授業形態・授業内容に合致させることが重要で、マーケティング機能を担う物まである。

さらに読む