第1回 J-Bridge勉強会 (6/26) 開催しました

現在、弊社では富士通株式会社(特機システム事業本部)の依頼により、「J-Bridge」というプロジェクトを推進しています。航空・防衛業界のマルチエンタープライズサービスを、個人のアイデンティティ認証をベースとしたセキュアな環境上に提供するものです。案内状PDF(以下と同じ)はコチラ

【日時】2015年6月26日(金) 10:00~17:00

10:00~10:10 全般説明
10:15~11:50 マイクロソフトのクラウドベースのコラボレーション連携基盤のご紹介【日本マイクロソフトコンサルタント 濱田/上原】 J-Bridgeの主要なサービスインフラとなるJ-ForumPassの活用を想定し、海外の航空・防衛会社における活用事例および技術解説を行います。クラウドベースのこれからのシステム基盤についてのマイクロソフトの戦略をお話しいただきます。
11:50~13:00 昼休み
13:00~14:50 米国のセキュリティ規格及び認証フレームワークと日本におけるこれまでの取組状況 (NIST SP800-53/63解説)
【経済産業省CIO補佐官満塩 尚史】
米国においては、民間企業に対するサイバーセキュリティフレームワークの適用や政府機関のセキュリティ対策へのSP800シリーズの適用が求められています。また、認証に関しては、ホワイトハウスが策定したアイデンティティに関する戦略を基にフレームワークが整備され、更には、日本政府におけるサイバーセキュリティに関する取組やID連携トラストフレームワーク等の電子認証に関連する取組を紹介します。
15:00~16:10 アイデンティティハブのビジネスモデルおよび米連邦政府のPKI(FPKI)について【エヴァアビエーション亀田繁(元JIPDEC電子署名認証センター長)、濱口総志】 EXOSTAR社の主要なサービスであるアイデンティティ認証について説明し、今後我が国でやるべきサービスを提案します。また、今後関わりが深くなる連邦政府のPKI基盤であるFPKIについて概略を紹介します。
16:20~17:00 J-Bridge構想、質疑応答【エヴァアビエーション久野保之(元富士通㈱)】 日本の航空・防衛産業におけるJ-Bridge構想による同サービスの重要性と提案を行います。