機体メーカーや航空局などから発行される技術情報および機体や部品の使用時間から、使用機に必要な整備項目の作成を支援します。そして、部品交換を中心とした整備計画を作成し、正確で漏れの無い整備作業を支援します。さらに、その作業実績から機体毎の部品構成を自動的に更新します。
個品毎にAITを貼付し、PC(タブレット)で容易に識別出来るので、部品のトレーサビリティ・可視化を実現します。また、点検中に不具合を発見した場合も、簡単な操作で記録し、適時適切な対処を設定することが出来ます。

機体メーカから提供されるSBやTCDなど技術資料をもとに、作業指示書・点検表などを作成します。関連する文書とも連携して参照できるようになります。
その後、実際の作業指示、実施状況の把握、報告書作成を支援します。

  • 技術通報情報の登録や作業割当
  • マニュアル等のドキュメントの一元管理

※本機能は、同一機種を運航されている方々に共通するサービスとして提供することを検討中です。

>>続き